協会について 

介護、福祉施設等のUDe-スポーツ導入に至るまで・・・

これまで、介護・福祉施設で行われていた交流会は、

新型コロナウイルス感染症の影響で交流の場が減少しています。

そこで新しい交流ツールとして、オンラインでもできる
e-スポーツを導入しました。

e-スポーツを導入すると

●認知症の予防 ●運動能力の向上 ●生きがいづくりや交流の促進

などの効果が期待されています。

しかし、既存のゲームを使用する中で、こんな課題が出てきました。

●操作方法が難しい

●既存のゲーム機は施設やサロンに常設は基本的にNG

●ゲーム会社の許諾も厳しく、イベントで自由にゲームソフトが使用できない。

そこでUDe-Sports協会を設立し、誰もが参加できる
e-スポーツサービスを開発。

●高齢者から子どもまで交流できる!

●ボタン操作で誰でもプレイできる!

●オリジナルソフトなので、自由にソフトの使用が可能!

UDe-Sportsとは?

「UDe-Sports」とは、Universal-design electronic sports
の略で、年齢や障がいの有無などにかかわらず、電子機器を用いて
コンピューターゲームなどを誰もが参加でき行うことができる
娯楽、協議、スポーツのことです。

施設で対戦するとき

2人用のゲームで対戦(1人でもプレイできます。)
様々なゲームがあり、得点を競い合います。

オンラインで対戦する時

施設の代表者数名が出場!Zoomで他施設とつながり、
交流を図りながら対戦イベントを開催!
司会者が場を盛り上げながら、
全国の方々と真剣勝負を実現!

新ゲーム・システム内容

オンラインイベントの開催

オンラインイベントの様子

会社概要

ー 私たち自身もeスポーツを通して多くの方とつながり学んでいく ー

UDe-Sports協会 正会員

新着情報

New

イベント情報

イベント開催準備中

只今、イベント開催に向けて準備を行っております。

最新情報まで、今しばらくお待ちください。

プラン内容

こちらはレンタル制サービスの内容になります。

施設様向けや自治体様向けに「eスポーツ福祉用具」のレンタル。「eスポーツ・パソコン操作指導」、「オリジナルゲームソフトの導入」を行っております。

協賛企業

お問い合わせ

ご質問、導入のご相談などは下記のフォームにてお問い合わせください。